CONTENTS
大阪の家庭教師えらびガイド » 家庭教師メリットデメリット徹底比較 » 家庭教師VS個別指導塾

家庭教師VS個別指導塾

こちらのページでは、家庭教師と個別指導塾のメリットとデメリットについてまとめています。

学校の勉強が遅れがちな子は、個別指導塾や家庭教師での学習が向いていると言われていますよね。どんなところが勉強が苦手な子どもに向いているのか、それぞれの良い点・悪い点を挙げていますので、参考にしてください。

まずは、家庭教師のメリット・デメリットから。

家庭教師のメリット・デメリット

家庭教師と個別指導塾の大きな違いは、自宅で勉強するか塾に通うかというところです。
自宅に先生が来て指導を行う家庭教師には次のようなメリット・デメリットがあると考えられます。

家庭教師のメリット

安全面でのストレスが少ない
自宅で指導を受けられるので、夜に外を歩く必要がないため安全です。また塾と比較すると行き帰りの移動で疲れることがなく、たくさんの生徒・先生のざわめきがないためストレスを感じることもありません。

じっくりと解るまで指導してくれる
個別指導塾では一人の先生が複数の生徒の勉強を見ているため、一人一人にかけられる時間には限りがあります。家庭教師の場合は時間の全てを一人の生徒に使えるため、納得できるまで何度でも教えることが可能です。

自宅学習の習慣がつく
塾に通っている子どもの場合、家庭ではあまり勉強しない子も多いようです。家庭教師は家での勉強の一環としての指導を行うため、自然に自分の机で勉強する習慣が身につくかもしれません。現役大学生の家庭教師の場合は、家庭教師自身の体験からの学習方法のアドバイスを受けることもできるのです。

自分と相性が良い先生を選べる
家庭教師センターにはたくさんの先生が在籍しています。その中から子どもの個性に合った先生を選択して派遣するため、子どもと相性の良い先生に巡り合える確率が高くなります。

家庭教師のデメリット

競争意識が育ちにくい
一人で勉強しているため、競争意識が育たずにのんびりしてしまうことがあります。先生に対する甘えが出てしまう子もいるかもしれません。

当たり外れがある
家庭教師個人の能力や人格には、当たり外れがあると言わざるを得ません。ごく一部の派遣センターに限られますが、生徒との相性を考慮しないで先生を斡旋することもあるようです。

個別指導塾のメリット・デメリット

一般的に学習塾というと複数の生徒の前に講師が立って指導を行う、学校のような光景を思い浮かべるでしょう。最近は塾でも一人一人に別々の指導を行う「個別指導塾」が増えてきました。個別指導塾のメリットとデメリットを見てみましょう。

個別指導塾のメリット

都合に合わせて時間を変えられる
一斉に授業を行わないので、子どもの都合に合わせて指導時間を変更できます。30分単位、1時間単位で1日に複数の時間帯の枠を設けている塾が多いので、空きがあれば当日でも時間変更が可能です。

学習の進み具合に応じた指導が受けられる
「学校の授業について行けていない」「休んでしまって、授業に参加できなかった」など個人的な学習の遅れがあっても、子どもの理解に応じた進め方で指導をしてもらうことができます。充分に学力がある場合は、学校の授業より先に進めることも可能です。

質問しやすい
1対1で指導を行う個別指導塾は、質問しやすい雰囲気があります。長く続けるうちに先生と仲よくなって、個別指導塾へ通うのが楽しみになることもあります。

個別指導塾のデメリット

学生アルバイトの講師が多い
個別指導塾では生徒の人数に見合った数の講師が必要なため、時期ごとの生徒数によって新規にアルバイトの学生を講師として雇い入れることが多いようです。学生の中には勉強を教えた経験がない人や学力が充分でない人もいるため、全体的に指導力が不足する傾向があります。

先生がコロコロ替わる
学生アルバイトが講師陣の主体のため、塾側の都合で先生が入れ替わることが多いようです。複数の生徒を同時に指導するので家庭教師ほどの責任感や使命感を持っていないことが多く、勝手に休んだり辞めてしまったりするアルバイト生も少なくありません。

料金が高い
集団指導の学習塾と比較すると、料金が高いところが多いようです。中には家庭教師を頼むより高額になってしまう学習塾もあるので、注意が必要です。

指導時間が短い
時間枠を細かく区切って多くの生徒に入れ替わり立ち替わり授業を行うため、一人当たりにかけられる時間が短いのが一般的です。そのため遠方から通う生徒では授業時間より行き帰りに掛かる時間の方が長くなることも。

家庭教師と個別指導塾は、どちらがいいの?

どちらも生徒に対して1対1で指導を行う点は同じです。違うところは、勉強する場所が家庭か塾かということと、先生が生徒一人だけを指導するか複数を同時に指導するかということです。

個別指導塾といいながら実際には一人の先生が生徒を5人も6人も見ていることもあるので、注意が必要です。1時間の授業でも生徒が6人いれば、一人にかけられる時間は10分くらいになってしまいますからね。

夜間外出がない安全性や、時間いっぱい先生を独り占めできることを考えれば、家庭教師の方が良いと感じました。一般的に費用が高いと言われることもある家庭教師ですが、実際には個別指導塾の方が高額になることも多いようでした。

大阪で家庭教師を選ぶなら?ランキングをチェックする>>

大阪の家庭教師3
家庭教師のえーる
家庭教師のえーるの公式HP画面
教師の教え方
意欲を引き出す
先生の質
学歴も人柄も◎
料金
割安

勉強が苦手な子どものやる気を引き出す指導に定評があります。料金システムが明確なため安心して依頼できます。

家庭教師のトライ
家庭教師のトライの公式HP画面
教師の教え方
指導要領がある
先生の質
専業講師もいる
料金
割高

登録している家庭教師の数は全国50万人以上。小・中・高それぞれのコースがあるので、幅広いニーズに対応できます。

家庭教師のデスクスタイル
家庭教師のデスクスタイルの公式HP画面
教師の教え方
生徒に寄り添う
先生の質
親身な学生多し
料金
割安

勉強が苦手な子ども専門のセンター。「勉強したい」と思わせる指導ができるよう、家庭教師の研修にも力をいれています。