CONTENTS
大阪の家庭教師えらびガイド » 家庭教師メリットデメリット徹底比較 » 家庭教師センターVS個人契約

家庭教師センターVS個人契約

こちらのページでは、家庭教師センターと個人契約家庭教師それぞれのメリット・デメリットをまとめています。

家庭教師を探すとき、家庭教師センターにお願いする方法と、個人の先生を探す方法があるのをご存知ですか?

どちらの方がお子さんに合っているのかを選ぶ際、参考にしてくださいね。

家庭教師センターのメリット・デメリット

「家庭教師センター」は家庭教師派遣会社とも呼ばれるように、自社に在籍する家庭教師の中からその子に合った先生を派遣してくれます。

派遣される家庭教師の先生は、現役大学生からプロ家庭教師までさまざまです。

家庭教師センターのメリット

体験授業が受けられる
家庭教師センターでは事前に無料体験を実施しているところが多いため、契約前に家庭教師の質や学習への取り組み方を確認することが可能です。

家庭教師の変更ができる
派遣された家庭教師の先生と子どもの相性が悪かったときには、先生を交代できるシステムのところが多いです。常に充分な人材が確保されている家庭教師センターなら、理想的な先生が見つかる可能性も高いですよね。

契約が明確でトラブルが起こりにくい
ほとんどの家庭教師センターでは契約書によって、契約内容を明確化しています。そのため途中解約や料金の支払いなどについても契約書通りに実行されるので、トラブルになりにくいメリットがあります。

家庭教師センターのデメリット

費用が高め
事務本部の運営が不可欠なため、個人契約と比較すると費用が高いのが一般的です。教材を高額で販売する家庭教師センターもあるので、注意してくださいね。

個人契約の家庭教師のメリット・デメリット

「個人契約」の家庭教師は先生自身がホームページで宣伝活動を行っていることもありますが、多くは斡旋業・紹介業者などを通して紹介されます。

家庭教師センターとのいちばんの違いは、契約が家庭教師個人と家庭の間で行われることです。プロとして独立している家庭教師から、学生アルバイトまでさまざまな先生がいます。

個人契約の場合のメリット

料金が安い
家庭教師センターや事業部などの組織の運営を必要としないため、料金が安い設定になっているのが一般的です。

先生を特定できる
家庭教師センターでは誰が派遣されてくるか解らないのに比較して、個人契約では良い家庭教師を探し出して本人と契約することができます。独立開業している個人家庭教師を名指しでお願いしたい場合には良いですね。

個人契約の場合のデメリット

事前に体験できない・選べない
紹介業者や斡旋業などの仲介でも契約は個人のため、契約が成立していない状態での体験授業はしてくれません

相性が悪くても交代できない
いったん契約してしまうと、後から子どもとの相性が悪かったとしても交代することができません。別の家庭教師を頼むためには契約を解除して、また別の家庭教師と契約し直す必要があります。

トラブルが起こりやすい
個人契約では契約書を作らない例も多いようです。そのため料金の取り決めや途中解約の対処法などがあいまいで、トラブルに発展することも多いようですね。

家庭教師センターと個人契約、どっちがいい?

とにかく料金の安さが第一条件だったり、あらかじめお願いしたい個人開業の家庭教師の先生が決まっていたりするなら、個人契約でも良いかもしれません。

だだ、家庭教師センターに依頼する方が安全で確実なように思えます。

個人契約の家庭教師にも優秀な先生はいるでしょうし、家庭教師センターでもすべてが良いというわけではありません。

まずは無料の体験授業を利用して、自分の目でお子さんにぴったりの家庭教師センターはどこか見つけることがいちばん良さそうですね。

大阪で家庭教師を選ぶなら?ランキングをチェックする>>

大阪の家庭教師3
家庭教師のえーる
家庭教師のえーるの公式HP画面
教師の教え方
意欲を引き出す
先生の質
学歴も人柄も◎
料金
割安

勉強が苦手な子どものやる気を引き出す指導に定評があります。料金システムが明確なため安心して依頼できます。

家庭教師のトライ
家庭教師のトライの公式HP画面
教師の教え方
指導要領がある
先生の質
専業講師もいる
料金
割高

登録している家庭教師の数は全国50万人以上。小・中・高それぞれのコースがあるので、幅広いニーズに対応できます。

家庭教師のデスクスタイル
家庭教師のデスクスタイルの公式HP画面
教師の教え方
生徒に寄り添う
先生の質
親身な学生多し
料金
割安

勉強が苦手な子ども専門のセンター。「勉強したい」と思わせる指導ができるよう、家庭教師の研修にも力をいれています。