CONTENTS
大阪の家庭教師えらびガイド » 高校受験を控えた我が子にぴったりな家庭教師の選び方 » 講師の教え方がわかりやすいかを見極める

講師の教え方がわかりやすいかを見極める

大阪で家庭教師を探す際には教え方が上手いかどうかを必ず確認すること。その際のチェックポイントを解説します。

何を基準に先生を選んだらいいの?

家庭教師を選ぶ際には、教え方がしっかりしているかどうかをあらかじめ確認しましょう。

ほとんどの家庭教師センターでは、無料の体験期間というものを設定しています。すぐに教師を決めるのではなく、何人か実際に試してみてください。

教師の合格実績を見るよりも、子どもに合っている教え方かどうかを重視して決めるのが良いでしょう。つい合格実績を重視しがちですが、勉強をするのはあくまで生徒本人です。生徒の学力が伸びるかどうかは、その教師の過去の合格実績ではなく、その生徒が勉強を効率的に進められるかどうかにかかっているのです。

勉強を効率的に進めるためには、先生の教え方が重要になってきます。難しい問題を難しい言葉で表現するのではなく、難しい問題こそわかりやすい言葉で説明できる表現力こそ、その教師の本当に実力だと言えるでしょう。

子どもを伸ばすことができる家庭教師の条件

先生は学歴よりも、第一に子どもをやる気にさせられる人間性が大切なのです。子どもを甘やかしすぎたり、厳しすぎたりせずに、ほどよい距離感を保つことができる家庭教師が生徒にとって理想の先生と言えます。ただその先生がどんな教え方をするかは体験してみないとわかりません。

家庭教師の中には、子どもとの勉強の様子を保護者へ報告してくれる先生もいます。子どもの意思ももちろん大切ですが、保護者がどの程度の学力を子どもに求めているかをきちんと理解し、積極的に情報共有をする家庭教師は信頼ができると言って良いでしょう。子どもの気持ちと保護者の気持ちの両方を把握した上で教えることができる先生こそ、本当の意味で教え方がうまい言えるのではないでしょうか。

また、中には生徒の問題用紙やテスト用紙をチェックして、子どもがメモした計算内容などを確認して、その子の癖などを見破れる家庭教師もいると言います。

自分の生徒は何が理解できていて、何が理解できていないのか、それに敏感な教師に出会えたら、あなたのお子さんの学力の向上は保証されるでしょう。まずはこのようなことを確認しながら、家庭教師の先生を選んでみてください。

知っておきたい小学生・中学生・高校生で違う家庭教師の教え方【大阪】

小学生であれば楽しみながら勉強の習慣づけ、中学生であれば定期テスト勉強のやり方、高校生であれば目標にあわせた勉強スタイルの確立など、「良い家庭教師の条件」は子どもの成長とともに変わるものです。小学生、中学生、高校生と成長段階にあわせた家庭教師の指導法をご紹介します。

勉強の習慣づけがポイント!【小学生】

小学生は遊ぶのも仕事。泥だらけで帰ってきた子どもの面倒を見るのもいいけれど、しっかり勉強をしているのか、親としては気になる点です。

小学生を指導する上で家庭教師が重要視しているポイントは

の3点です。

お子さんに勉強を習慣づけるには、一定の時間だけ勉強に集中させることが重要です。授業の全てに集中することよりも、その授業のポイントを押さえることで授業内容の理解が深まります。

内容を理解すると、いよいよ勉強が楽しくなってきます。今まで考えてわからなかったことを理解し、納得した時、子どもたちは「勉強は楽しい」ということを知るのです。

また、家庭教師がお子さんに苦手科目を勉強させる時に気をつけているのは「わからなくなったら、わかるところまで戻る」ということです。わかるところまで戻ることで「できる!」という達成感を味わい、「自分にもできた!」→「勉強は楽しい♪」→「次もやってみよう!」と思うサイクルが生まれるのです。

限られた時間の中で効率よく勉強することが重要!【中学生】

中学生になれば、毎日遅くまで部活動に明け暮れる子もいれば、スポーツや習い事を本格的に始める子も多いはずです。しかし、将来的には高校受験が待っています。お子さんがしっかり勉強しているかは、ますます気になるところです。

中学生を指導する上で家庭教師が重要視しているポイントは以下の3点です。

定期テスト対策で重要なのは計画性。家庭教師はお子さんに実行できる計画を立てさせるよう心がけています。

より効率よく勉強に取り組めるよう、定期テスト対策表を作成しましょう。ここで大切なのは「一日にたくさん勉強する」ことよりも「早くから勉強をスタートして一日の勉強時間の負担を減らす」ということです。

欲張ってたくさん勉強しても、集中力が続かず、勉強内容の定着が図れなければ意味がないでしょう。それならば毎日、短時間でも集中して勉強する方がモチベーションも保てますし、学んだことも身になります。

さて、高校受験をするにあたって大きな障害になるのは苦手科目です。

家庭教師が大切にしているのは、「得意科目で満点を取る」ことよりも「苦手科目の点数を上げる」ことです。全体の得点を上げるには、実はそのほうがずっと簡単なのです。

また、中学校の授業では小学校のように予習復習が行われなくなります。家庭教師は勉強のポイントを押さえ、理解度を深めるため徹底的に復習するよう指導します。これこそが効率的にできる高校受験対策なのです。

自分の弱点を理解することが大学受験成功へのカギ【高校生】

中学生の時よりも更に忙しくなる高校生。子どもは学校行事に力が入りますが、親としては大学受験にも力を入れてもらわなければ困ります。

高校生を指導する上で家庭教師が重要視しているポイントは

の3点です。

高校に進学すれば授業で教わる科目や内容も増え、授業進度も早くなります。部活や学校行事が忙しいのはどの高校生も同じです。そんな中、継続的に勉強し予習復習を怠らないことで、お子さんの勉強した内容への理解度は深まり、学力も確実にアップしていきます。

しかし、皆さんもおわかりのように、受験科目の増える大学受験は一筋縄ではいきません。高校3年生になり、受験対策に取り掛かる前に、自分の弱点を理解させることが重要だと指導者は考えます。まだ理解できていない内容、苦手科目を克服することでバランスの良い学力を手にすることができるのです。

小学校、中学校、高校と、勉強内容の難易度も上がれば、勉強をする目的も変わるでしょう。それぞれに合った指導をしてくれる家庭教師を選ぶことはもちろんのこと、お子さんから好かれる先生を選ぶことも重要です。

勉学はお子さんと家庭教師の2人3脚でなされるもので、精神的なサポートや進路相談など、勉強以外のことを相談できるのも身近な存在である家庭教師の魅力です。

大阪で家庭教師を選ぶなら?ランキングをチェックする>>

大阪の家庭教師3
家庭教師のえーる
家庭教師のえーるの公式HP画面
教師の教え方
意欲を引き出す
先生の質
学歴も人柄も◎
料金
割安

勉強が苦手な子どものやる気を引き出す指導に定評があります。料金システムが明確なため安心して依頼できます。

家庭教師のトライ
家庭教師のトライの公式HP画面
教師の教え方
指導要領がある
先生の質
専業講師もいる
料金
割高

登録している家庭教師の数は全国50万人以上。小・中・高それぞれのコースがあるので、幅広いニーズに対応できます。

ヒューマンエデュケーション
家庭教師のヒューマンエデュケーションの公式HP画面
教師の教え方
基礎から確実に
先生の質
真面目で丁寧
料金
割高

勉強が苦手な子ども専門のセンター。成績アップ保証があるので、先生も一所懸命に教えてくれます。