CONTENTS
大阪の家庭教師えらびガイド » 高校受験を控えた我が子にぴったりな家庭教師の選び方 » 【番外】子どもに家庭教師を勧める方法

【番外】子どもに家庭教師を勧める方法

子どもに家庭教師を快く受け入れてもらうために、説明の仕方について注意点やポイントをご紹介します。

子どもの気持ちを大切にする

子どもに勉強してもらうために家庭教師を頼む場合は、親だけで一方的に話を進めない方が良いでしょう。勝手に話を進めてしまうと、子どもの気持ちを傷つけてしまい、勉強嫌いが加速して余計にやる気を失ってしまいます。

家庭教師を受け入れてもらうには、子どもの意志を尊重するような説明が必要です。

家庭教師を受け入れてもらうには?

どんな家庭教師が指導してくれるか説明する

家庭教師の人柄を知らずに、いきなり受け入れるのは抵抗があるものです。説明をする際は、「○○先輩のような先生だよ」と子どもが憧れている人の名前を挙げて、どのような先生が指導してくれるのかイメージが湧くように伝えましょう。

勉強以外にも良い点があると伝える

親や学校の先生とは違い、年が近くてお兄さんやお姉さんのような存在である家庭教師には、勉強以外のことも相談しやすいものです。勉強だけでなく「ガス抜き的存在である」と伝えるのも興味をもつポイントになります。

子どもと勉強について真剣に話し合う機会を作る

将来のことや勉強の大切さについて、真剣に話し合う機会を作りましょう。その際、子どもが真剣に考えて話してくれた内容に対して、「無理だ」「だめだ」などの否定するような言葉を言ってはいけません。

夢や希望を叶えるために勉強があることを伝える

勉強で培った思考力や「やればできる」という自信は子どもの人生に役立ちます。勉強の大切さを伝えたうえで、学習をサポートしてくれる家庭教師を勧めれば「やってみよう」という気持ちにつながるはずです。

子どもと一緒に家庭教師を選ぶ

家庭教師を選ぶ場合は、なるべく子どもと一緒に選ぶようにしましょう。家庭教師を紹介してくれる会社のサイトでどのような先生が在籍しているのかを確認することができます。また、体験授業を受けて先生との相性を確かめて決めるのもよいでしょう。

大阪の家庭教師3
家庭教師のえーる
家庭教師のえーるの公式HP画面
教師の教え方
意欲を引き出す
先生の質
学歴も人柄も◎
料金
割安

勉強が苦手な子どものやる気を引き出す指導に定評があります。料金システムが明確なため安心して依頼できます。

家庭教師のトライ
家庭教師のトライの公式HP画面
教師の教え方
指導要領がある
先生の質
専業講師もいる
料金
割高

登録している家庭教師の数は全国50万人以上。小・中・高それぞれのコースがあるので、幅広いニーズに対応できます。

ヒューマンエデュケーション
家庭教師のヒューマンエデュケーションの公式HP画面
教師の教え方
基礎から確実に
先生の質
真面目で丁寧
料金
割高

勉強が苦手な子ども専門のセンター。成績アップ保証があるので、先生も一所懸命に教えてくれます。