CONTENTS
大阪の家庭教師えらびガイド » 高校受験を控えた我が子にぴったりな家庭教師の選び方 » 家庭教師を契約する方法を知る

家庭教師を契約する方法を知る

家庭教師の契約方法は大きく分けて「知り合いの学生に依頼する」「大学に直接依頼する」「家庭教師センターに依頼する」の3つが挙げられます。ここではそれぞれのメリット・デメリットを紹介。これから子どもに家庭教師をつけたいと考えている方は要チェックです。

知り合いの学生に依頼する

家庭教師を依頼する際に親戚の学生や近所の学生などに直接依頼する方法があります。

生徒も先生もお互いを知っているから安心

知り合いの場合、依頼する前からどんな人なのかある程度把握しているので安心して子どもを任せられるのが特徴です。その知り合いが普段から子どもと接しているなら、子どもの性格を理解しているので依頼もスムーズでしょう。

また、知り合いの学生に依頼するメリットとして、料金の交渉ができたり、交通費がかからなかったりと、費用を抑えられる点があります。また、指導内容に関する要望も伝えやすいのでしっかり学ばせることが可能です。

子どもとの相性が悪いと知人であることが裏目に

デメリットとして挙げられるのは不満やクレームなどが言いづらく、断りたくなってもなかなか断れないというもの。また、他の教師に変更することもできないので、例え子どもの成績が上がらない場合もそのままだらだらと続けてしまうケースが考えられます。

大学に直接依頼する

家庭教師を依頼する際に大学に直接依頼する方法があります。

大学に仲介してもらう

大学側が在籍している学生に家庭教師としての仕事の募集をし、生徒と家庭教師を依頼してきた方の間に入ってやり取りする方式です。

大学に依頼するメリットは講師の大学を指定できること。子どもに将来通わせたい大学の生徒に教えてもらいたいといった場合、それが可能になるのです。

料金は割高

デメリットは大学ごとに指導料が決まっている点。費用を安く抑えられると思って依頼しても、思った以上に高額になるといったこともあります。また、紹介してもらうとなると、紹介料として大学側に費用を支払わなければならないケースもあるので、事前に確認しておきましょう。

家庭教師センターに依頼する

最も一般的なのが家庭教師センターに依頼すること。在籍する教師の質が保たれているほか、教師を自ら選定することが可能です。

希望条件のそろった講師が見つかりやすい

メリットとして希望の条件のそろった講師が見つかりやすいという点。通っている大学や出身校はもちろん、科目や教えることに対する姿勢などをあらかじめ確認することができるところがほとんどです。

なんといってもサポート体制が整っており、トラブルに合うことが少ないというメリットも。もし講師と生徒の相性が合わなかった場合も、気軽に交代できます。

デメリットは料金が割高な場合があること

デメリットは料金が高めに設定されているセンターがあるということ。

もちろん全てのセンターの料金が高いというわけではなく、プロの家庭教師を雇っているセンターの場合、高額になりがちです。また、契約内容が複雑になっているところがあり、初回の契約料や解約料などさまざま料金が発生してしまうケースも考えられるので、あらかじめ確認しておきましょう。

家庭教師センターが安全

家庭教師を依頼する方法として「知り合いに依頼」「大学に直接依頼」「家庭教師センターに依頼」の3つを紹介しました。

3つを比較してみたところ、安全に子どもを学ばせることができるのは家庭教師センターであるという結論に至りました。講師を自ら選べるのはもちろん、サポートしてくれるので何かあったときでもすぐに頼むことができるからです。

確実に学習できる環境を作るのなら、ある程度教育経験のある教師に依頼する方が最善でしょう。

大阪で家庭教師を選ぶなら?ランキングをチェックする>>

大阪の家庭教師3
家庭教師のえーる
家庭教師のえーるの公式HP画面
教師の教え方
意欲を引き出す
先生の質
学歴も人柄も◎
料金
割安

勉強が苦手な子どものやる気を引き出す指導に定評があります。料金システムが明確なため安心して依頼できます。

家庭教師のトライ
家庭教師のトライの公式HP画面
教師の教え方
指導要領がある
先生の質
専業講師もいる
料金
割高

登録している家庭教師の数は全国50万人以上。小・中・高それぞれのコースがあるので、幅広いニーズに対応できます。

ヒューマンエデュケーション
家庭教師のヒューマンエデュケーションの公式HP画面
教師の教え方
基礎から確実に
先生の質
真面目で丁寧
料金
割高

勉強が苦手な子ども専門のセンター。成績アップ保証があるので、先生も一所懸命に教えてくれます。